ロボット教室


ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

世界中で注目されているプログラミング環境「Scratch(スクラッチ)」をベースにしたプログラミングソフトと自由自在に繋がるアーテックブロックを使った、子どもたちがロボット作りに夢中になれるロボットプログラミング教室です。

→詳しくはコチラ(ロボットプログラミングに関する料金・時間等の詳細)

 


 

「自分で考え行動する力」を養います

プログラミング教育=プログラマーを育てる教育ではありません。

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

スマホやゲーム、冷蔵庫や自動車。私たちの周りにはプログラムで制御されたものであふれています。
プログラミングを学習することは、現代社会を動かしているシステムやビジネスの仕組みを理解することにつながります。IT化された現代で、プログラミング教育は、英語教育と同様に、グローバルな人材になるために必要な能力です。

論理的思考力

ロボットにイメージ通りの動きをさせるために、まず、どのような命令が必要か考え、その命令を効率良く順序立てて並べていくことで、論理的思考力が身につきます。

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

 

問題解決能力

ロボットがイメージ通りに動かない時、子ども達は必死に原因を探し、修正を繰り返します。そして、自分なりの答えを導くことで、問題解決力が身につきます。

創造力

自由度の高いオリジナルのブロックと、プログラミングを組み合わせることで、ゼロから考える力を養い、子ども達の無限の創造力を引き出します。


 

プログラミングは今後必要とされる能力です

 

2020年から大学入試が変わります!

2020年から大学入試センター試験に代わって導入を検討されている新試験は、これまでの知識を問う試験から、思考力、応用力を評価する試験になります。この能力を鍛えるための一つの方法として、試行錯誤を繰り返すプログラミングが注目されています。

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

プログラミング学習の義務化が進んでいます!

安倍総理はITに高い専門性を持つ人材を育成するため、小・中学校でのプログラミング教育を2020年以降、必修とする方針を示しました。
「日本の若者には、第4次産業革命の時代を生き抜き、主導していってほしい。このため、初等中等教育からプログラミング教育を必修化します」(安倍首相)
文部科学省は、2020年より小学校へ導入することを検討しています。

文部科学省:教育の情報化について

海外では5歳からプログラミングが必修に!

イギリスでは5歳~16歳までプログラミング学習が義務化されており、そのほか、ヨーロッパでは20ヵ国中12ヵ国ですでにプログラミングが教育課程に組み込まれているなど、さまざまな国でプログラミング教育が始まっています。また、お隣の韓国でも小学生から正規教育課程として決定しています。

グローバル化に対応するための能力!

プログラミングを通じて、ものの仕組みを知ることで、新たな仕組みを創造する能力が身につきます。必ずしも「プログラミング教育=プログラマーを育てる」のではありません。世界中で生活にITが欠かせない今の時代、プログラミングも、英語教育と同様にグローバル人材になるためには欠かせない能力です。

→詳しくはコチラ(ロボットプログラミングに関する料金・時間等の詳細)


プログラミング教室でどんなことをするの?

特長1 ブロック組立て

日本のメーカーが開発した「アーテックブロック」を使い、毎月1つの課題を組み立てていきます。初期セットのブロックで、信号機から二足歩行ロボットまで様々な形を作ることができます。

ブロックを「さしこむだけ」のカンタン組立
あらゆる方向につなげる「アーティックブロック」や各種モーター・センサーブロックで子どもでもカンタンにロボットの組立ができます!

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

特長2 小学生にもわかりやすいプログラム

マサチューセッツ工科大学で開発された子供向けのプログラム言語「Scratch」をベースに開発したオリジナルソフトを使ってプログラムを組んでいきます。

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

ロボットプログラミング大阪狭山・金剛・河内長野

→詳しくはコチラ(ロボットプログラミングに関する料金・時間等の詳細)